首たるみしわレビュー情報

首のたるみやしわは若い人にも、肩こりが原因の理由は・・

最近は若い女性の間でも首にたるみが気になっている方は多いようです。
説明文

その原因は肩こりのせいだとか、

肩こりは首周りの血流が悪くなって起こりますが、
血流が悪くなる原因は姿勢が悪いこと。

その一つに最近特に気になっているのはスマホやPC作業での姿勢の崩れです。

首の周りや鎖骨のあたりには大きなリンパ節があります。

血流が悪くなるとリンパの流れが悪くなり
老廃物が流れず首周りにたるみやしわができてしまいます。

だから肩こりを改善することでたるみやしわも改善されます。

では首にたるみやしわを作らないために
どのように肩こりを改善すればよいのでしょうか。
調べてみました。

肩こりの原因と対策、これで首のたるみやしわを改善!!

まず肩こりの原因は先ほども言いましたが最近特に気になることが
スマホやPCの長時間使用することで起こるストレートネック。

ストレートネックとは長時間同じ姿勢をしているために
首が前に出てまっすぐな状態になってしまうこと、

首の正しい位置は壁に背中を付けてまっすぐ立った状態で後頭部とかかともぴったり付けます。
この状態が首の正しい位置です。


なんだか反り返っていると感じる人は首が前に出てストレートネックになっている
と考えられます。

ストレートネックを改善するには長時間スマホやPCを続けないようにすることです。

仕事でどうしても使わなければいけない人もいますが
1時間に1回は休憩を取りながら
背筋を伸ばしてストレッチをするだけでも肩こりの改善になります。

またスマホを見る時、頭を下げてみるのではなく、
目の高さまでスマホをを上げて見るのもストレートネックの予防になります。

枕の高さ
枕の高さが高すぎると肩が緊張して肩コリになります。
その結果首にたるみやしわも起きてしまいます。

枕の高さはご自身に合ったものを選ぶことが大事ですが
首のためにはあまり高くないものを選ぶことがいいようです。
高すぎるものは頭が下を向いた状態になってしまうので
この状態では正しい姿勢とは言えません。

寝ているときも背骨から頭までまっすぐの状態が正しい姿勢です。

つまり立っている時も寝ている時も
先ほどの壁に背中と後頭部とかかとをぴったり付けた状態でなければなりません。

また硬すぎる枕も肩こりになってしまいます。
頭を乗せた状態でふわっと沈み込む低反発枕が
肩こりを軽減すると言われています。

肩こりは首のたるみやしわだけでなく頭痛や腰痛の原因にもなりますので
首の位置を普段から意識して生活してみてはいかがでしょうか。

ストレス
ストレスを感じると筋肉が緊張して肩こりが起こります。
仕事や人間関係など現代はストレス社会と言われるほど
ストレスを感じない方は少ないと思います。

自分の好きなことをしたり、睡眠を十分にとるなどして
上手にストレス解消する事が大事です。

適度な運動
家事や仕事で忙しいあまり運動不足になることは
多いのではないでしょうか、
また先ほども言ったように
スマホやPCなどのデスクワークが中心の方なども
運動不足になりがちです。

運動不足は血流を悪くして肩こりを引き起こしてしまいますので
仕事帰りに歩いてみたり、一日の終わりにストレッチをするなどして
適度な運動をすることも必要です。

冷え
体が冷えると血流が悪くなり肩こりが起こります。
特に首筋の冷えは頭痛を起こしたりもちろん首にしわやたるみを作ります。

冬場はショールを巻いたり夏場もエアコンの温度を調節しながら
首筋が冷えないようにすることも必要なことだと思います。



肩こりは美容にとっても健康にとってもマイナスになる状態です
肩こりがあるだけで頭痛がしたり腰痛がしたり
ひどい方は吐き気を感じる場合もあります。

また血色も悪くなり首や顔にたるみやしわを作る原因になってしまいます。

たるみやしわのない首のためには血行を良くして
肩こりを起こさないようにすることが大事なことですね。

このページではサイト訪問者の方々が格安価格で通販や申し込みが出来るように楽天などの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイント、値引き、返金、返品保証、保証などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使用方法、選び方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなど、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオク、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。